富良野GROUPとは…

倉本聰氏が主宰する“富良野塾”を卒業し、研鑽を重ねた俳優とライターによる集団です。
“富良野塾”は倉本聰氏が塾長として、プロの脚本家と役者を育成するべく北海道・富良野市の山間に1984年に開塾した私塾で、現在までに375名の若者達が自然と共生した環境の中で“創作”に対する多くのことを2年間の合宿生活の中で学び、卒業生の多くが主に映像の現場で良質の仕事をこなして来ました。

 富良野塾自体としても、倉本塾長が自ら書き下ろし演出した舞台作品の上演が評判を呼び、88年初演の「谷は眠っていた」を皮切りに全国公演を展開するなど、演劇集団としての活動も注目され続けています。富良野塾の舞台作品の魅力の一つに、倉本塾長が長年ドラマの世界で培った映像表現を大胆に舞台に取り入れた点があり、その映像的な独自の舞台空間の表現術は“観せる芝居”として多くの観客の心をとらえ、「今日、悲別で」「ニングル」は言葉の壁を越えて広く海外でも上演され絶賛を持って迎えられました。
 
  2010年春、26年の歴史に幕を下ろした富良野塾。幕を下ろしたと言っても活動を休止するわけではなく、プロの世界で羽ばたき始めた塾生OB達を更にサポートし、本当の実力をつけさせたいという倉本塾長の願いが結実したものです。いわば富良野塾のステップアップで、表現者のプロ集団として心機一転さらなる高みを目指して、倉本塾長以下一丸となって芝居作りに創作活動にと、日々精進しているのが“富良野GROUP”です。


メンバー紹介
富良野演劇工場イメージ

富良野演劇工場